アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

おすすめショートカットキー【WIN+SHIFT+S】

スクリーンショットのサイズを最初に調整できる優れもの

私が重宝しているショートカットをご紹介する第一弾として、今最もビジネスシーンで使っているかもしれないものを選びました。それがタイトルに書きました【WIN+SHIFT+S】です。端的に説明するならば「ほしいとこだけスクショ機能」です。

とにもかくにも、みなさん何か表示されている画面で【WIN+SHIFT+S】を同時に押してみてください。画面がちょっと暗くなって十字キーが出ます。その十字キーでほしい部分だけをドラッグすれば、その箇所だけスクリーンショットが取れているという優れものです。

例えば会社で調べ物をしていて気になるコメントがあったとします。prtscの場合は、画面全体をショットして、ペイントソフトなどでトリミングし欲しいところを「後から」リサイズします。【WIN+SHIFT+S】は最初にサイジングし、使用するソフトによってはそのままペーストできます。1工程省けている感覚で良いと思います。

特にOneNoteとの相性は抜群

私は以前にも紹介しましたが、OneNoteを使ってアイデアの蓄積や仕事の資料管理、議事録などをつけています。

own-pace-2021.hatenablog.com

特にアイデアの蓄積の時にはウェブ検索で気になったところを【WIN+SHIFT+S】で切り貼りしておいて、のちに形にするために必要なパーツを選んで作業するという流れにしたところ、俄然効率アップしておりもうやめられません。

この機能を使う以前は文書をドラッグ&コピペしていたのですが、その時と保存の内容は変わらないにも関わらず「映像として残っている」という違いがあります。例えば、フォントとか一緒に掲載されていた挿絵などがそれにあたります。あまり意識していなかったのですが、読んだときそのままの映像のほうが、コピペした場合よりも周りの一緒に書かれていた情報も思い出しやすいようです。私の特殊能力かもしれないので、一度皆様もスクショと文字のコピペの違いを試してみてください。そして何かスクショのほうが、記憶がよみがえるのが早そうだと感じた場合は、この記事を書いている人間は特殊能力の持ち主ではないと判断していただければ結構です。

同じ時間で人より効率的に働くためには

f:id:macoto58:20210102134856j:plain

今回ご紹介しました【WIN+SHIFT+S】を知っていることで仕事の効率化が出来そうな人がいらっしゃるとうれしいです。同じ資料を作り上げるのに周りの人より短時間で出来る人は、こういった小技を前向きに取り入れている人だと思います。覚えるのは面倒、と最初からバリアを張るのではなく、「これは楽しい!」と思えるショートカットキーに出合えるまでは色々試してみてください。ひとつの仕事を早く終わるコツがつかめれば、自分の仕事の幅が増え、お給料も増えます。お給料が増えない場合は、直談判の仕方が悪いかもしれませんから交渉術を磨きましょう!いずれにせよ、同じ時間でどれだけをこなすか、そして成果に結ぶか、この意識があると便利モノを探したくなるものです。