アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

あと30年後、私は賃貸に住めるだろうか

40歳で35年ローンを組んだら75歳になっているという事実

最近、よく考えるようになった「住」のことについて本日は書いてみたいと思います。今は賃貸マンションで一人暮らしですが、時々耳に入ってくる「無職になってからは賃貸探すの難しいよ」という言葉。収入が年金のみとなっている方よりは、今収入がある方に大家さんは貸したいという原理に基づけば確かにそうですよね。このような話を聞くと、私も住まいを持った方が良いのだろうかと考えだすようになりました。そして購入するのであれば、ローンが組みやすいうちに行動しなければならないことも感じています。住宅を購入するというのは夢のまた夢のような話だと思っていたのですが、真剣に考えても良いのかもしれません。将来の住処を確保するという視点においては早速でも動き出すのが賢いのでしょう。住まいを建てる、住まいを選ぶということはすごく楽しそうですが、なんだか難しくも感じてしまいます。

住まいを手に入れるといってもどれが良いのかわからない

f:id:macoto58:20210207213920j:plain

私が住処を手に入れるとなれば、いろいろと学ばなければなりません。一般知識として知っているのは

  • 分譲住宅
  • 分譲マンション
  • 注文住宅
  • 中古住宅
  • 中古マンション

です。おそらくこの5つの中からどれを選択するかで良いと思っています。それぞれ良いところ悪いところがあると思いますが、全て同じ広さだと考えた時に一番お金がかかりそうなのは注文住宅のイメージです。そして、手間がかかるのも注文住宅のイメージです。その他は立地も込みで選べますし、完成しているモノを見定めるわけですから、設計の相談はまずないので、その分楽ちんかな、と。ただ、中古ですと、リフォームの相談が必要なのかもしれませんね。そしてもっと言えば、既に建っているものに対して100%理想の作りはないだろうと考えると、ユニバーサルデザインをかなえたいとか便利に住みたいとなったら注文住宅なんですよね。はい、ぐるっと一周してしまいました。これが最近の住まいを考えだしたときのスパイラルです・・・。こんなこと考える前に、まずやらなければならないことがあります、資金計画ですね。今の私がローンを組めるのか、組めないならそもそも悩んだって仕方ないことですから順番が間違っています。はて、住宅ローンはどこに相談するのかもわかりませんので調べないといけません。

実家を継ぐという選択肢

私の場合は実家という中古住宅を選択肢に入れることが一番手っ取り早いかもしれません。なぜなら、兄弟が今のところ両方とも住まいを手に入れているからです。奥さんや旦那さんに嫌われて追い出されなければの話ですが。そうすると、実家から通える前提で仕事を選択することを視野に入れる必要があります。テレワークがこのまま日本に定着すると良いのですが、そうでもなさそうなので通勤圏内という考え方は持つべきでしょう。現在の職のままなら通勤に関しては何とかなりそうです。ほかに魅力的な仕事を見つけてしまったらその時にどうするかを考えなければなりませんが、老後に戻ってくる場所があるという考え方に変わりはありません。

実家を私のものにする場合ですが、どうやら生前贈与というのだと結構な税金を取られるらしいのです。以前、贈与税相続税のことを学んだ時に相続税の税率の方が低かったのをかすかに覚えています。これももう一度調べてみる必要がありそうですね。そして、実家を住まいにするのであれば、リフォームを視野に入れることも考えなければなりません。大規模なリフォームですと、現金一括で支払いが出来ないと思われ、リフォームローンを組むことになりますから、そのローンが何歳まで組めるのかも知っておく必要があります。両親が100歳まで生きるとしたらあと30余年です。それまでに両親がリフォームをして住まいを心地よくするのかどうかもわかりませんし、なんだかわからないことだらけになってきましたので、歯切れが悪いですが本日はこの辺で記録を終えようと思います。とりあえず、住まいに関しては

  • 今の私はローンをいくら組めるのか
  • 住宅ローンの会社は色々あるのか、どこでも一緒なのか
  • リフォームローンは何歳まで組めるのか
  • 不動産の贈与税相続税の違いは何か

これらを少しずつクリアにしていくことから開始します。