アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

私が最も使うショートカットキーは「ctrl+Z&ctrl+Y」だった

ショートカットキーの頻度を意識してみた

f:id:macoto58:20210102134856j:plain

普段は右クリックを出来るだけしないパソコンの使い方をしているのですが、私はどんな機能を多く使っているのか気になりまして、1週間意識してショートカットキーの使用頻度を確認してみました。

  • windows+shift+s
  • F4キー
  • ctrl+shift+:
  • alt+tab
  • ctrl+Z
  • ctrl+Y
  • ctrl+shift+Z(イラレのみ適用)

上記のものが頻度が高かったです。その中でも下の3つについてはまーよく使ってました。多くの方が使っていらっしゃると思いますが、Yの方は本来の用途ではないかもしれないなと思ったので覚書をしておくことにします。

それぞれの作業にどんな意味を持たせているか

それでは、3つのショートカットキーをどのように使っていたかです。

ctrl+Z 作業を元に戻す

例えばエクセルのデータを作成しているとして、エクセル上では左上の方にあるくるっとした矢印「元に戻す」の効果にあたるショートカットキーです。今週はパワーポイントの資料作成に使うイメージ画像の作成をイラレでやることが多かったのですが、まぁよく使いました。どんだけ失敗してるんだよと思うのはまだ早いです。

ctrl+Y 元に戻した作業をやっぱ元に戻す

本来このショートカットキーは「直前の作業を繰り返す」ために使われますが、私は直前の作業を「やっぱもともままの方がいいじゃん!」って感じで消したけど復活させるという優柔不断な感じで使っていることばかりでした。つまり、ctrl+Zのあとにセットでctrl+Yを使用しているとうことですね。失敗したものを失敗でないという状態に位置づける作業です。なんだかなぁ・・・。

イラレでのctrl+Yの落とし穴

イラストレーターを使われる方は「またやっちゃったよ」となる作業だと信じているのですが、通常の資料作成の時などのショートカットキーが適用しないバージョンのひとつが「ctrl+Y」です。直前の作業を繰り返す(私の場合は直前に消したものを復活させる)ですが、イラレの中だと「アウトライン・GPU プレビューの表示切り替え」なんですよね。作業をもう一回やり直そうとしてctrl+Yを使うと、突然画面がパキッと今までのデザイン画面から切り替わってしまいます。

いつも忘れがちでよくあることなのですが、ではイラレの中で作業のやり直しはどんなキーを使うかですが、「ctrl+shift+Y」になります。突然shiftキーが仲間入りしてきます。いらっしゃいませ、という感じ。この3個セットはエクセルなどの作業のショートカットキーでは存在しないらしく、「ポロ~ン♪」という音がなります。

今週はパワポイラレの狭間で、ショートカットキーの使い分けが必要な週でした。毎度毎度失敗してますが、いつかはイラレでアウトライン表示させないようなスマートな作業をしてみたいものです。