アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

ahamoにはGooglePixel最新版がない

そろそろ具体的な頃かと思って覗いたahamo

各社の料金紛争が落ち着いてきたかなと思ったので、キャリアがドコモである私は、そろそろahamoの詳細情報が出ているだろうと思ってググりました。

ahamo.com

出ていますね。非常に簡素なつくりではありますが、必要最低限の情報は得られます。私が以前期待したのは、格安バージョンならドコモでもGooglePixelの取り扱いは始めるだろうということ。キャリアメールが使えませんという状況もはなからクリアしているPixelは今回の料金プランにぴったりだと思っていました。

さて、ふたを開けたらなんのこっちゃない。というか、笑えて来ました。メインのプロダクトには掲載されないのはまぁ想像してましたが、対応端末一覧で該当する商品を見てみたら「Pixel3」なにがし。

f:id:macoto58:20210310210510p:plain

あのー、今Pixcel5とかいう数字が最新なんですけど・・・。これだったら載せないほうが良くないか?恥ずかしくないか?と思ってしまう結末でした。もやはグーグルストアでは「不可」ですが、という感じ。

f:id:macoto58:20210310211037p:plain

あまりにも新しきものへの期待が高すぎるとイライラがとまらなくなるんですね。期待したお前が馬鹿だと言われる側に立っているわけですが、ドコモはグーグルと喧嘩でもしたんでしょうか。キャリアメールが無いことにプライドを捨てきれずに取り扱いを中止しているとかそんな感じなんでしょうか。この機種を取り扱わない理由が知りたいです。20年お世話になりましたが、ソフトバンクへの乗り換えを本気で検討しよう。

ahamoサイトでの違和感

ahamoだけではないのですが、今回料金戦闘を繰り広げていたキャリア系の格安版ブランドネームのサイトがこぞってランディングページのようなぺらっとしたデザインであるのは何故なのでしょうか。これまで料金形態をそれほど格差なくおこなってきたキャリア同士ですからデザインの談合ですかね。それとも、優秀な見張り番によるウェブデザイン費用を抑えるための探り合いでしょうか。

そりゃ格安になってしまったのですからどこかで元をとらなければなりません。人件費を削減したあとの大きな出費項目は広告宣伝費であることは容易に思いつきますが、いかんせん安っぽい。

ただし、この安っぽさが何もしてくれないだろう感をちょうどよく出していていい感じです。「使いたくない人は無理にこの格安プラン使わなくていいんだよ、壊れた時もなんもしてくれないし、スマホしか持ってない人が壊れた時オンラインでどうやって修理依頼するのか楽しみにしてるよ」的なメッセージがデザインから伝わってきます。

ahamoに残念な思いを抱いたが故のソフトバンクへの乗り換え検討。ま、いつかこんな時が来ると思ってましたからどっちでもいいんですけど、とりあえずは離島での電波状況を調べることが一番大事ですね。どこでもつながるドコモさん。その追随者がソフトバンクであるかどうか、auであるかどうかを調べてみます。