アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

窓について考えてみた

とある喫茶店で思ったこと

先日、日本の住宅の断熱性能がしょうもないという政府のタスクフォース意見会がありましたという感想文を記事にしましたが、なんとなくそれから意識して断熱性能の高さをお店に入ったときとか、会社に行ったときとかに体感で感じ取ろうとしています。

own-pace-2021.hatenablog.com

上記の記事のところでも勉強になったことを記録しておいたのですが、外部の熱は窓で守ることも重要だという見解の部分が確かにそうかもしれないとわかってきました。

実体験として窓の多い喫茶店に入ってコーヒーを飲んだ時に、確かに窓側から寒い何かが来てました。久しぶりの外食というかコーヒーだったのですが、大きな開口を設けていらっしゃるお店で、明るい感じがしていいなぁと思いましたが、冷気は確実に拾うんだなと。

ただ、これって悪いことばかりではないのかもしれないとも同時に思いました。開口が大きいからこその採光の利点、これをないがしろにしてはいけない、この採光があるからこそこのお店はこんなにやわらかなほどよい明りでひなたぼっこ的な感覚なんだろうなというのを感じたのです。

住宅の窓の役割は「換気」と「採光」と贅沢言うなら「景観」

私はとても面白いサイトに出会いました。

dannetsujyutaku.com

上記サイトの中に「建築家が語る家づくり」というのがあるのですが、これが大変面白い。断熱住宅.comサイト全体としては知識をどんどんつけていくための専門的な解説の部分が多くありますが、「建築家が語る家づくり」の部分は家づくり全体に目を向けた高断熱以外のことの考え方も取り入れているコラムです。

プライベートとパブリックの考え方や照明暖房器具への考え方までありとあらゆる視点のコラムなので、全体俯瞰をするためにはさほど難しい用語も出てきませんから読み物としておススメですし、知識を蓄えるためにもおススメです。

で、窓についてですが、開口を多く取っている昔の日本の住宅は日が当たれば冬はぽかぽか温かく、大きな窓を開けて風を取り込めば夏涼しく過ごせるという「天候の利点」を最大限に活用した住宅だったのだろうということが分かってきました。そして南側のお日さまを最大限活用するための開口をさらに活かし、南側の庭園を趣あるものにして愛でる。住まいの愛し方が社会の変化と天候の変化に合わせて変わってきたということですね。

f:id:macoto58:20210313133600j:plain

今、日本の住宅は快適に過ごすために「夏の暑さと冬の寒さ」という「欠点」を克服しようという目線が強くなっているようです。昔は利点を生かし、今は欠点を削ぐという考え方の違いです。

確かに気候だけ見ても、夏の暑さは昔と比べ物にならないでしょう。私が小学生の頃は30度を超えるとヤバいと思っていたのですが、今は40度を超えるなんてニュースが入るくらいですし確実に気温は上がっていると思われます。そこにさらなる追い打ちをかけるのがコンクリートであったり、樹木の少なさであったり、隣接する形で建てられた宅地形状であったり、ひしめき合ったビル群だったり・・・。

寒さについては1年を通して気温が上昇しているなら昔ほど寒くないのでしょうが、暑さになれるために人間の体が変化しようとしているなら寒さにはおのずと弱くなるでしょうから対策はしたほうが良いかもしれませんね。

住宅に今後求めるものは人それぞれではないか

先日のタスクフォースでは国交省職員の方が河野大臣に「トロい」と言われていましたが、国交省職員の言い訳の中には「古来からの日本の住宅建築が好きな人もいて一概に強要するのはどうなのか」という観点があるというような言葉がありました。

換気と採光をうまく取り入れた住宅を作ることに対し、窓がどう活躍するか。窓自体の断熱性能に頼るのか、採光を熱源として活用するのか・・・。自然エネルギーを作りそれを使うという視点に私は目を向けすぎていたのかもしれません。太陽光発電などの技術の前に、窓から空気を取り込んだり光を取り込んだりすることもなかなかの大切さがあるのではないかと考えが変わりました。

私が行った喫茶店は採光と景観のための「窓」だったと思われます。店内の空気はそんなに良くなかった・・・。このご時世ですから外の空気を入れるために客席から一番遠いところは窓を開けてありました。ただ、よどんでましたからね確実に。空気清浄機がありましたけど、コロナ禍では二度と行きたくないなと思いました。寒くても窓開けて空気を入れ替えてくれてたほうが私としては好感度が持てました。

私の知人の中には「外の空気は汚い」と言って、閉め切って空気清浄機を活用している人もいます。知人宅は工場地帯から4キロくらい離れているんですが、工場から出るガスとか鉄粉が気になるようです。引っ越してきてから花粉症になった、絶対化学物質粉塵を吸って体質が変わったんだとぼやいてました。考え方が清潔な人は、今の日本では生きにくいのでしょうかね・・・。