アラフォー独身女性が考えてること

これ、いいな。と思うことを書きます。

議事録はAIに任せる時代らしい。Langogo Miniがめちゃくちゃ気になる

RPAで大感動しているのに、AIが近くにやってきた

人間がやらなくてもいい仕事をもう一つ増やしてくれるんか!と嬉しくなった商品を見つけました。これでもしかしたら議事録係は消滅させられるかもしれません。

www.makuake.com

大変失礼ながら、Langogoという翻訳機を私は知らずにこの製品にたどり着きました。ごくまれに発生する衝動買い欲求により、本日マクアケをちらっと見て、ランキングに入っておりました。

内容を見てみるとなんと素晴らしい機械なんでしょう、と感動しました。これは仕事効率化アイテムとして誰しもが望む機能を備えているのではないかと思いました。言った言わない論争をしている会社はこのご時世少ないとは思いますが、そのために労力を費やしている部分を大幅削減できそうな予感しかありません。

最近、私はRPAをやっとこさ使いこなして、人間がやらなくてもいい仕事をロボットに任せることに成功しました。これからもどんどんロボットを使って、人間の脳みそをフル活用した仕事をしていこうと張り切っていた矢先のAIとの出会いです・・・。

RPAとは何ぞやという方に端的にご説明させていただきますと、人間の脳みそを必要としない作業をロボットに任せることです。RPAについては、私は大変恩恵を受けたので(具体的にはこれを使ったおかげで基本給が予想以上にあがったので)次回の記事で書かせていただきます。

AIは人工知能、繰り返し学習で質の良いアウトプットが可能というもの

f:id:macoto58:20210320163133j:plain

掛け算の九九を覚えるとき、お経のようにひたすら唱えて頭に刷り込みました。テスト勉強では緑のマーカーを引いて赤いシートをかぶせて答えられるまで繰り返しました。ただし、テキストを絵的に覚えてしまい「この場所にはこの単語が書いてある」という覚え方をして実質覚えられていなかったという経験は誰もがしたことでしょう。

もともと人間は繰り返し学習を嫌う生き物なのかもしれません。効率的なものを好み、覚えなければいけない理由を言い訳で排除し、自分の好みや感性により取捨選択をして採用されたもののみで生きていく。これはほかの生物よりも複雑な考え方ができるからでしょう。子孫を残すために生まれる生物との違いだと思っています。

人間ができないことを機械にやらせようと考える人間の行動は、まさにその作業を覚えて繰り返しそしてそれを繋いでいくということに人間的感性を見いだせなくなっている時世を表していそうです。

私も人間には人間しかできないことをしたほうが良いという気持ちがどこかにあります。会議の議事録をとる作業はとても大切ですが、議事録を正確にとるためだけに会議に出ている人が例えばその時間を使って営業利益を上げられるような魅力的なコミュニケーションをとれる人ならば会社の不利益でしかありません。

人間は対人間とのコミュニケーションや、感性をカタチにするための創造の時間を有意義に使い、それをカタチにするときにはロボットのチカラを借りても問題ないのではないでしょうか。

たまにいませんか、会議資料を作成することに時間をかけて、その会議資料の先にある一番大切な改善提案とそれにもとづく行動計画について時間を割かない人。こういった人は人間ではなく機械でもできる仕事をしています。1時間の作業時間を与えられたとき、人に見せる資料に50分を割いて、10分で適当に行動計画を結論付けてしまう人はそれを逆転させると生産性はめちゃくちゃ上がるということを理解していません。そうならないために、私は必死で脳みそを動かしているつもりです。まだつもりであるかもしれないけど、ロボットにさせる仕事と人間の仕事が分離した基盤だけは整いました。

皆さんは自分の忙しさについて真剣に考えたことはありますか。その忙しさが偽物である可能性を考えたことはありますか。私は確信しています、どこまでいっても人間のやることはある。たとえば、今一番時間をかけている仕事がロボットにとられると困ると考えている人も、脳みそを生かした仕事はどこまでもあります、自分が思いつけばいいだけです。

こういったことに気づいた人々はRPAなんて通り越してこのようなAIツールを誰よりも早く手に入れているのかなと思うと、私はまだまだ人間の仕事が出来ていないのだなと感じてしまいます。安いから買ってみよう。この買い物が失敗だった場合は報告します。